無料ブログはココログ

« 奥秩父_水干周遊 | トップページ | 奥秩父:瑞牆〜金峰〜大弛峠〜国師〜甲武信〜雁坂峠〜雁峠〜笠取小屋〜作場平口 »

2020年8月 3日 (月)

八ヶ岳大同心雲稜ルート

2020/8/2 晴れ

赤岳山荘駐車場(5:05)〜赤岳鉱泉(6:35)〜大同心稜とりつき(7:40~8:00)〜雲稜ルート〜終了点(11:05)〜横岳(12:05)〜地蔵尾根下降点(12:45)〜行者小屋(13:15~13:30)〜赤岳山荘駐車場(14:35)

今回のパートナーは同じ会のU君。8月末に予定している北鎌のトレーンングで「岩トレ」の連絡をしたところ、U君から大同心の提案があった。
直近のクライミングは、昨年の11月で、その後はアイスクライイングとトレランしかやっていなかったので、一瞬行くかどうか考えた。ルート図を見ると、4級+A1(A1部分は5.9)だったので、いざとなればアブミと割り切って、行くことにした。

赤岳鉱泉につくと、テントが団地のように並び、大盛況。しかもモンベルテントだらけ。個人的には、エアライズに全幅の信頼を寄せているので、アライテントにも頑張ってほしいところです。

8時に雲稜ルートにとりつき、U君がトップで登り出す。全4Pだったが、3P目のトラバースの最初がびしょ濡れだった以外は、乾いていた。
1P目と、4P目が冬だとA1のピッチだが、U君はさすが週2回ジムに通っているせいか、余裕でクリア。
自分は、というと、トレーニング不足は如何ともし難く、A0+テンションで、クリアというよりは通過。約3時間で、大同心の頭に着いたものの、ちゃんとトレーニングしてサクッと登りたかった、というところでした。

とはいえ、ちょうど関東甲信地区の梅雨明けの日だったので、晴れた日のトラッドクライミングは最高でした。
対面の小同心にも、ちょうど登り終えたクライマーが見えました。

この日大同心に取りついていたのは、我々と先行1パーティーのみだった。登っている途中で、大同稜に人が見えたので、もしかしたらもう1パーティーぐらい取りついていたかもしれません。

大同心のトップからは、U君の希望で横岳を回って下山することになった。
行者小屋からは、通常のスピードで降りていくが、次第に左足のハムストリングが痛くなり、スピードダウン。一月前に左脹脛の肉離れをやり、やっと治ったかと思ったら、今度は左膝の裏が痛くなり、続いて今回は左のハムストリングスが痛くなった。

がんがんトレーニングをやりたいところですが、やるとどこかを痛め、トレーニングを中断せざるをえなくなるので、様子をみつつトレーンングを継続します。

梅雨明けの爽快なトラッドクライミングでした。パートナーに感謝です。

Img_1262

Img_1267

Img_1264

Img_1266

Img_1260

Img_1261

« 奥秩父_水干周遊 | トップページ | 奥秩父:瑞牆〜金峰〜大弛峠〜国師〜甲武信〜雁坂峠〜雁峠〜笠取小屋〜作場平口 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 奥秩父_水干周遊 | トップページ | 奥秩父:瑞牆〜金峰〜大弛峠〜国師〜甲武信〜雁坂峠〜雁峠〜笠取小屋〜作場平口 »