最近のトラックバック

« 八ヶ岳天狗尾根 | トップページ | 北アルプスグランフォンド2017_120キロ »

剣源次郎尾根

2017/
5/3 晴れ
室堂(8:50)→剣御前小屋(10:50)→剣沢ベース(111:20)

5/4 晴れ
剣沢ベース(4:05)→源次郎尾根取り付き(4:40)→1峰(8:30)→2峰(9:20)→懸垂下降後のコル(9:40)→山頂(10:40-11:00)→剣沢(13:30)
5/5 晴れ
剣沢ベース(6:40)→室堂(9:20)
今回は所属する会の春合宿で源次郎尾根へ。
メンバーは同じ会のS君、T嬢、N嬢と自分の4名。前夜の夜に八王子に集合し、扇沢着が深夜1時頃だった。町営の無料駐車場の路面がぬれていたので、バスターミナルの入口にテントを張った。

5/3
朝5時にチケット売り場にS君が並び始めるが、既に100名近い人数が並んでいる。二手に分かれてゲートにも並んだので、無事6:30の始発バスに乗ることができた。
室堂からは剣沢を目指して歩き始めるが、計画書等のチェックは特に無かった。日差しも強く、暑い。上はアンダー1枚でちょうどいいぐらいだった。剣御前小屋直下で、偶然彩雲を見ることができた。山で見るのは3回目だが、かなりきれいだった。
昼には剣沢に着いてしまったので、テントを張り、ついでにトイレと宴会用のテーブルも作った。
明日登る源次郎尾根と、下降する別山尾根を確認後、日があるうちに就寝した。

Photo

5/4
朝4時にスタート。不安だった腰が痛み出し一瞬躊躇するが、自分が行かないと始まらないので、無理やり出発した。
取りつきのルンゼでちょうど明るくなり、4:40に登りはじめる。ルンゼを詰めあがったコルで、長次郎谷から上がってきたパーティーと合流したが、終始我々が先行した。Ⅰ峰まではトレースがなく、ひたすら急な雪壁を登った。
Ⅰ峰直下で、T嬢からロキソニンをもらい、それを飲んで何とか普通に腰が痛い状態になったので、そのまま登り続ける。
今回はリーダー育成の意味もあったので、終始トップはS君にやってもらった。
Ⅱ峰のナイフエッジでロープを出し、懸垂ポイントへ。中間にも支点があったので、50Mロープ1本でも降りられる。懸垂ポイントからは、ほぼ1時間で山頂についた。

山頂では、室堂で写真を撮っていた中国人の真似をして、皆で腹ばいになり写真をとった。360度の展望で、日本海まで見える。しばし眺望を楽しんだ後、剣沢へ向かって別山尾根を降りる。計画段階では、平蔵谷のコルから平蔵谷を降りることも考えていたが、実際に目視してみると、平蔵谷を降りてからの上り返しが、半端なく長い。
そのまま別山尾根を降り、14時までには剣沢についた。

剣沢では特製テーブルで乾杯。登ったルートも、自分たちのトレースも、下山ルートも全て見渡せる。完登出来たのがよほど嬉しかったのか、それともたまたま酒があったのか、T嬢が半端なく酔っ払ってしまったので、適当なところで切り上げて就寝とした。
Photo_2
Photo_3
Photo_4
5/5
天気が悪くなる予報だったが、薄曇り程度で、行動には問題ない。室堂までの帰路では、雷鳥があちこちにいて、楽しませてくれた。ちょうど、冬毛から夏毛への生え変わり時期だが、白い雪面に、白と茶色の雷鳥がよく似合う。ここの雷鳥は、人を見ると逃げずに逆に寄ってくるので、とても写真が撮りやすい。
室堂からは、アルペンルートを使って扇沢へ下山。天気とメンバーに恵まれたいい山行でした。パートナーに感謝です。

« 八ヶ岳天狗尾根 | トップページ | 北アルプスグランフォンド2017_120キロ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100916/65252946

この記事へのトラックバック一覧です: 剣源次郎尾根:

« 八ヶ岳天狗尾根 | トップページ | 北アルプスグランフォンド2017_120キロ »