最近のトラックバック

« 湧別XCスキー85K | トップページ | 八ヶ岳天狗尾根 »

八ヶ岳広河原沢左股アイスクライミング

3/5
舟山十字路(6:50)~広河原沢二股(7:50 8:10)~左股15M大滝(11:30 14:10)~広河原沢左股入口(15:30)~舟山十字路(16:20)

今回のパートナーは、同じ会のN嬢。昨シーズンアイスをはじめたばかりで、今シーズンは峰の松目に引き続き、4回目のアイスになる。

前夜小淵沢の道の駅で仮眠後、明るくなってから舟山十字路をスタートする。
二股からは、うっすらとトレースがついているが、今日のトレースは無い。部分的に膝ぐらいまでのラッセルだが、雪が重くスピードが上がらない。

途中で雪面を踏み抜き、沢に落ちてしまったが、何とかちょっとぬれた程度で済んだ。大岩があるところを巻き上がったあたりで、薄いトレースも完全になくなった。

沢の中が、最近結構な降雪量があったらしく、15M大滝までの滝は、ほぼ雪に埋もれ、ただの雪壁になっていた。

ラッセルを交代しつつ、11:30にやっと大滝着。
さすがに大滝は埋もれておらず、右端をリードで登り、滝上の木でトップロープをセットした。ラインはいくつかとれるので、3本のラインを2人で交代で登るが、真ん中のラインは傾斜がキツイので、序々に腕がパンプしてくる。

アイスの場合は、岩と違って握力が段々無くなってくるというよりも、肩から先全体が疲れてくるような感じである。

N嬢は、「どうしよう」とつぶやきながら、結局どのラインもノーテンで登りきった。

トップロープでは落ちずに登れるが、リードとなると難しい。

時間を見て、大滝を引き上げ往路を戻るが、湿った雪、デコボコの川床で、想定外に時間がかかった。

今回で恐らく今シーズンのアイスは終了です。
毎週のように氷に行っていたが、当初想定していた通りの結果にはならなかったものの、長年の課題であった黄蓮谷を登れたのは良かった。
来シーズンに向け、一旦これでアックスをしまうことにします。

今シーズンお付き合いいただいた方、本当にありがとうございました。
Img_0507
Img_0508

« 湧別XCスキー85K | トップページ | 八ヶ岳天狗尾根 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100916/64979003

この記事へのトラックバック一覧です: 八ヶ岳広河原沢左股アイスクライミング:

« 湧別XCスキー85K | トップページ | 八ヶ岳天狗尾根 »