最近のトラックバック

« 湯川アイス | トップページ | 層雲峡銀河の滝 »

雷電アイスクライミング

2017/2/18-19

2/18
雷電トンネル駐車場(8:00)~1ルンゼ取り付き(8:20)~3P目終了点(14:30)~取り付き(15:30)~駐車場(16:00)

2/19
雷電トンネル駐車場(8:00)~2ルンゼとりつき(8:20)~順番待ち~1P目終了点(13:00)~取り付き(14:00)~駐車場(14:30)

今回のメンバーは、会員外のO君と、千歳在住のN氏と自分の3名。O君からのお誘いなので、リーダーはO君の山行だった。

<1日目>

羽田を前日の夜に出て、その日は千歳のN氏の自宅に泊めてもらった。翌日は4:30に千歳市内を出発し、雷電まで3.5時間だった。

地吹雪で一瞬視界がゼロになるほどの、冬型が強い1日で、雷電トンネルの駐車場で車からおりると、どこかの冬山の頂上か!と思うほどの吹雪だった。

1日目は1ルンゼへ。傾斜が緩いので容易に見えるが、あられを固めたような脆い氷で、八ヶ岳の氷とは全く違うので、見た目以上に悪い。ルートも長く、1Pが40M以上ある。
打ち込んだアックスを抜くときに、ピック周辺の氷が厚さ10ミリ程度で、かなり広範囲にべリッと剥がれるので、何とも気持ち悪い。

2Pは雪の詰まったルンゼを登り、3P目は明瞭なF3を登るが水が滴っている。4P目はⅢ級20Mなので、3P目終了点から、同じルートを下降した。海岸線から一気に立ち上がっている壁なので、結構な高度感だ。

この日は他に5人組のパーティーがいたが、他には誰も見なかった。
クライミング終了後は、岩内の民宿へ。風呂も入れて、濡れものも乾く。何だか本当に贅沢な気分だった。

Dscn0190
Dscn0203

<2日目>
スクリューが1本見あたらないので、朝一で1ルンゼ取り付きに探しにいったところ、ラッキーなことに見つかった。2ルンゼはすぐ隣なので、取り付きまで行くと、4人パーティーが登っている途中だった。
聞けば、京都から来たパーティーで、16:00千歳発の便に乗るのだそうだ。11時には、取り付きに戻るということなので、トップロープをはりつつ待つことにした。

11時過ぎに取り付きいたが、前日同様の脆い氷で、何とも快適なクライミングとは言い難い。先行して登るN氏は、力任せに氷をたたいて登るタイプなので、大きな落氷をがんがん落とす。初日は、左肩と左腕に、2日目は右腕に落氷を受け、ぶつかったところは結構腫れている。クライミング中はよけるにも限度があるので、N氏氷を落とすのは勘弁して下さい。

昨日からずっとトップで登っているO君も、かなり消耗しているので、1P登って終了とした。
O君が言うには氷が脆く、割れるので、スクリューを打つにもかなり神経を使ったとのこと。

アイスクライミングに行くときは、全て自分がトップで登っているが、今回はO君がずっとトップで登ってもらった。

独特の氷の感触だったが、いい経験になった。しかし、もう1回行くかといわれれば、今後はもう行かないと思う。

Dscn0207

« 湯川アイス | トップページ | 層雲峡銀河の滝 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100916/64917803

この記事へのトラックバック一覧です: 雷電アイスクライミング:

« 湯川アイス | トップページ | 層雲峡銀河の滝 »