無料ブログはココログ

2020年7月13日 (月)

乾徳山

2020/7/12

八王子駅に6時30分に集合し、一路徳和の乾徳山登山口へ。

今回のメンバーは、A嬢、R嬢、H嬢と自分と愛犬の、4人と一頭。
A嬢とH嬢は、ほぼリハビリ登山、R嬢は米10キロに水5Lを背負っての、ミニボッカ訓練でした。

山頂直下は鎖場とハシゴの連続なので、愛犬を抱えて登りましたが、愛犬はほぼ15キロあるので、これが一番大変でした。

山頂で、H嬢から”まんじゅう”をもらい、皆「う〜ん」という感じで、ありがたくいただきました。

気温が低かったので、我が愛犬は絶好調。

奥秩父の山の雰囲気を、十二分に感じることができた山行でした。

皆さん、お疲れ様でした。

Img4497

Img_1236

Img_1239

2020年7月 1日 (水)

愛犬登山@裏高尾

2020/6/20 晴れ

八王子城跡駐車場(8:30)〜堂所山(11:20-11:30)〜八王子城跡駐車場(14:30)

コロナによる移動制限解除と梅雨の晴れ間を狙って、裏高尾へ。今回も愛犬と一緒の1.5人山行。

八王子城跡から、堂所山まではなだらかな尾根道で、まさにトレランむきのコースだった。
約3時間で堂所山につき、休憩したが、暑かったせいもあり、思ったより犬の水消費量が激しかった。ここですでに残り500ccほど。
復路は少ない水を犬と分け合い、なんとか八王子城跡へついた。
往路では、”何か井戸みたいだな”と思っていたところに、べつの登山者がいて水を出していたのをみて、ここで水を補給。
ここから30分ほどで駐車場に着くので、何とかはなる計算ではありましたが、水切はキツイですね。犬の水消費量を甘くみてました。

犬はもともと暑さに弱いので、愛犬と一緒に低山を走るのは、秋まで無理かなと思います。

次回以降は、標高の高い山へ行く予定です。

Img_1205

2020年4月27日 (月)

トレ(ーニング)ラン@城山湖〜小仏城山_愛犬といっしょ

2020/4/26 晴れ

城山湖(8:20)〜小仏城山(10:20-10:40)〜城山湖(12:21)

津久井湖北岸のトレイルを、愛犬と一緒に走ってきました。

城山湖〜大弛峠〜小仏城山までのトレールは、高低差もあまりなく、非常に走りやすいコースでした。
我が愛犬もいつも通り、嬉しそうに、かつ元気いっぱいに走ってました。
毎度のことながら、自分と同じペースで走ってくれるので、本当にありがたいです。

帰路、足がよれていたのか、城山湖手前の林道で、両足をロープにひっかけたように、そのまま前に転倒。
突然転んだ感じだったので、痛みで2.3分動けませんでした。足が上がっていたつもりが、上がっていなかったのか、、。足がよれているときは十分注意が必要だと、今更ながら思い知らされました。
両膝はサポーターをしていたので、多少の擦り傷ですみましたが、右肘を先についたらしく、結構流血しました。

タイムレースをしている訳ではありませんが、ゴール地点手前で時計を見ると、3時間58分だったので、思わず反射的に愛犬と一緒にダッシュ。
3時間59分の、いいトレーニングランでした。

フィニッシュ後、人に見られないように駐車場のトイレに入り、腕を洗い本日はこれで終了。

お疲れ様でした。

Img_1165

Img_1162

 

 

2020年4月22日 (水)

トレ(ーニング)ラン@棒の嶺_愛犬と一緒

2020/4/22 晴れ

名栗湖P(8:23)〜棒の嶺(9:50)〜名栗湖P(11:13)晴れ

今回は奥多摩の小沢峠を越えて、名栗湖へ。
名栗湖の北岸に車をとめ、沢コースを登った。

愛犬はいつも通り元気で、沢の渡渉をものともせず、どんどん登って行く。
沢沿いのコースなので、右岸から左岸へ、左岸から右岸へと沢を渡りながら登っていくのかと思っていたら、一部ゴルジュの中を通過するコースだった。そこだけ見れば、ほぼ沢登りで、流石に犬は歩けないので、抱えて登った。

尾根に上がってからは、愛犬は階段が好きらしく、ジャンプしながらどんどん登って行く。トレランのレースでもそうなのだが、斜面を登るのはそれほど苦にならなくても、階段登りはかなり足にくる。
1時間30分ほどで山頂についた。平日なので人は少なく、山頂は単独の方が2名のみだった。

下山は、流石に犬は沢コースは無理だと思ったので、尾根コースを川又へ降りた。

いいトレーニングになりました。

コロナの影響で、出勤が1日おきになってしまったので、平日登ることが増えた。
登っていると、よく単独の方とすれ違う。(こちらも単独といえば単独、単独でないといえば単独ではないが)

女性や数人パーティーはほぼ挨拶をしてくれるが、中高年の男性一人の場合は、無言ですれ違うことが多かった。楽しそうに登っているようには見えず、偏屈(大変失礼ながら)オーラがでているようにも見えた。

岩場でもそうだが、挨拶をしない中高年が多い。却って若い方の方が気持ちよく挨拶をしてくれる。

山好きの方は犬好きが多いのか、愛犬を連れているとよく声をかけてもらえる。
ありがたいことです。(子供が、”あっわんこだ”と言いながら近づいてきて、”これは犬ですか?”と聞かれたときは、面食らいましたが(笑))

挨拶は気持ちよくしたいものだと、改めて思いました。

Img_1148

2020年4月19日 (日)

トレ(ーニング)ラン@三国山〜醍醐丸〜陣馬山周遊_愛犬と一緒

2020/4/19 晴れ

鎌沢バス停(8:15)〜三国山(9:15)〜醍醐丸(10:10)〜陣馬山(10:55)〜鎌沢バス停(11:45)

愛犬と一緒のトレランがとても楽しかったので、続けて陣馬周辺へ行くことにした。

登っていると結構暑くなる陽気のなか、一人と一匹で快調にトレールを走り、3時間30分でスタート地点に戻った。

我が愛犬、しっかり登り、しっかり下る。結構急な下りでも臆することなく、体を目一杯つかって段差をクリアしていく。
愛犬は柴の雑種(最近はMIX犬というそうですが)の中型犬だが、見ている限りでは、これ以下のサイズだと登山道の段差を乗っ越していくのは難しいと思う。

ほぼ同じペースで歩き、走れるので、とても楽しい。

暑い時期になると、てきめんにバテるので、いけるうちに目一杯一緒に登ろうと思う。

 

Img_1142

Img_1143

 

«青梅丘陵トレラン